ママモル

子供の健康を守る米国のサイト『Safbaby』が運営するウェブマガジン

子どもの突然の発熱! その原因と対処法まとめ

 パパやママは、突然、子どもが発熱したら慌ててしまいますね。どんな原因で発熱するのか、どんな対処をしたらいいのか、知っておくと慌てなくて済むかもしれません。原因はさまざまですが、考えられる子どもの発熱に多くみられる原因とその対処法をまとめました。病院へ行く前の心構えとして、参考にしてくださいね。

子どもの発熱

 子どもが発熱すると慌ててしまいがちです。特に、赤ちゃんの場合は症状を訴えることができないので、ママとしては心配です。子どもの様子をチェックして、その上で小児科に連れて行くなどの対処をしましょう。

 また、高熱を出したからといって、必ずしも重病でないこともあるので、慌てないようにしてください。赤ちゃんは、生後6ヶ月頃までママの抗体があるので、病気に罹りにくいといえますが、絶対ではないので、赤ちゃんの様子の変化に気付くことが大切です。

 子どもの発熱の原因として考えられるのは、次のような症状があります。

鼻水、くしゃみ、せきを伴う発熱

 発熱の中でも多くみられるのは風邪症候群です。鼻水やくしゃみ、せきなどの症状が伴う発熱は風邪と考えられます。感染したウイルスによりさまざまな症状が出ますが、肺炎などを併発してしまうこともあります。

 乾燥した季節などには、ウイルスの蔓延する人混みなどへの外出を控えたいものですね。

嘔吐や下痢のある発熱

 発熱とともに突然の嘔吐や下痢の症状がある場合、ウイルス性胃腸炎が疑われます。嘔吐や下痢を繰り返すと脱水症状に陥ることがあるので、水分補給を怠らないようにしてください。

発熱があるが、機嫌は悪くない

 発熱があるにもかかわらず、いつもとあまり様子が変わらない、機嫌が悪くないというときは、突発性湿疹が考えられます。2~3日熱が続いた後、顔やお腹などに発疹が広がります。生後6か月頃から発症します。

耳を触ると痛がる

 急に高熱になり、耳を触ると痛がってぐずったり泣いたりするときは、中耳炎が考えられます。中耳炎は新生児でも罹ることがあるので、発熱の原因候補の一つとして考え、子どもの様子を観察してください。

発熱と同時に顔やお腹に発疹

 風疹による発熱の場合は、耳のうしろのリンパ腺が腫れます。また、発熱と同時に、顔や胸、お腹などに発疹が出ます。その後、手足にも発疹が表れ、3日ほどで治まります。

口の中に白い斑点と顔や首に発疹

 風疹と同様に発疹が出る病気で、38度以上の高熱と口の中に白い斑点(コプリック斑)ができる場合は、はしか(麻疹)ということも考えられます。

 最初に、高熱とともに咳やくしゃみ、鼻水といった風邪のような症状のほか、目ヤニが出ます。いったん熱が下がりますが、再度発熱し、耳のうしろや顔、首、手足など体全体に発疹が広がります。

予防接種後の発熱

 赤ちゃんはさまざまな予防接種を受けますね。もちろん、病気を予防するためですが、発熱の症状が表れる子どももいます。体が免疫をつけようとして反応していると考えられます。

子どもが発熱したら…

子どもの様子をチェック

 子どもが急に発熱した場合、子どもの様子をチェックします。嘔吐や下痢はないか、痙攣があるか、呼吸は苦しそうか、顔色が悪くないかなどを観察します。これらの症状が見られる場合は、早急に小児科などの医師の診断を受けましょう。

 逆に、熱のわりに機嫌がいい、母乳やおやつをよく口にする、また、よく眠るなどの場合は、慌てないで経過を見守ってください。翌日も熱が続くようなときは、病院へ行くようにしましょう。

体温や様子を記録しておく

 発熱したら体温を記録します。嘔吐や下痢などの症状がある場合は、その回数や様子などを医師に伝えられるよう記録しておきましょう。

自宅での看病

 自宅で様子をみるときは、忘れずに水分をこまめに与えましょう。特に、食欲がない、嘔吐や下痢がある場合は、脱水状態にならないように注意が必要です。

 小さな子どもが突然、発熱したときは、どうしても慌ててしまいますが、ママは、落ち着いて子どもの様子をチェックし、すぐに病院へ行ったほうがいいのか、自宅で安静にした方がいいのかを判断しましょう。

 特に夜中の発熱には慌ててしまいますが、夜間救急病院が混んでいて、待ち時間が長くなることがあります。また、小児科の専門医が担当していないこともあり、翌日また行かなければならないとなると、子どもの体への負担が大きくなってしまうこともあります。ママは、すぐに行けなければならない症状か否かを判断するようにしてください。

EARTH CHILD アースチャイルド


ページの
先頭に戻る