ママモル

子供の健康を守る米国のサイト『Safbaby』が運営するウェブマガジン

かゆみを抑える「抗ヒスタミン薬」 脳に与える影響について

 アトピー性皮膚炎をはじめ、ジンマシンなどアレルギー症状が皮膚に出るとかゆみを伴います。かゆみのため掻いてしまい、炎症を悪化させるという症状を引き起こしてしまうことがあります。皮膚に表れるアレルギー症状は、かゆみとの闘いとも言えます。そこで、かゆみを抑える「抗ヒスタミン薬」の効果や副作用についてご紹介します。

かゆみを抑える「抗ヒスタミン薬」

 アレルギーの原因物質(アレルゲン)が体内に侵入したとき、アレルギー反応を起こす原因である「ヒスタミン」を過剰に分泌することでアレルギーを発症します。このヒスタミンの作用を抑える、あるいは分解させる薬が「抗ヒスタミン薬」です。かゆみを抑える薬として、アレルギー治療に使われています。

「抗ヒスタミン薬」の副作用

 「抗ヒスタミン薬」は、即効性がありかゆみを抑えるのに効果的な薬で、ジンマシンや花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患に使われます。

 しかし、「抗ヒスタミン薬」は、眠気や口の渇き、便秘、閉尿、インペアード・パフォーマンスなどの副作用がみられることがあります。

「インペアード・パフォーマンス」とは

 「抗ヒスタミン薬」を使うことで眠くなるなどの副作用があるとお伝えしましたが、ほかにも、自覚がないまま集中力がなくなる、作業能力が低下するなどの影響が出てくることがあります。集中力や判断力、作業能力が低下することを「インペアード・パフォーマンス」、または「気付きにくい能力ダウン」といいます。注意書に、「服用後、乗り物や機械類の運転操作をしないでください」などと書かれているのを目にしたことがあるのではないでしょうか。乗り物や機械運転の際、眠気、集中力や作業能力の低下により支障をきたす可能性があるという注意になります。

「インペアード・パフォーマンス」はなぜ起こる?

 「抗ヒスタミン薬」の副作用は、脳の覚醒を抑制する作用や体内物質・アセチルコリンを妨害しようとする作用のため起こると考えられています。先述した「ヒスタミン」は、かゆみなどを引き起こす厄介な物質ですが、実は、脳の中で日中の眠気を抑制する、集中力や判断力を高める、学習能力や作業能力を高めるなどの重要な働きを持つ物質でもあるのです。「抗ヒスタミン薬」の成分が血液とともに脳へ移行すると、せっかく眠気を抑制し、作業や学習能力をアップさせていた脳のヒスタミンの働きを阻害してしまい、インペアード・パフォーマンスを起こしてしまうことになるのです。

脳に移行しにくい「抗ヒスタミン薬」

 「抗ヒスタミン薬」には、脳に移行しにくい薬も作られています。脳に移行しにくい薬はインペアード・パフォーマンスに至らないと考えられ、そのような「抗ヒスタミン薬」も多く処方されています。眠くなる、だるくなる、集中力がなくなるなどの副作用を感じたときは、医師に相談して、脳へ移行しない「抗ヒスタミン薬」を処方してもらいましょう。

「抗ヒスタミン薬」が有効な症状

 残念ながら、「抗ヒスタミン薬」は、すべてのかゆみに効果的なわけではありません。掻くことで起こるかゆみは、ヒスタミンが作用するため、「抗ヒスタミン薬」が有効になります。

 しかし、乾燥によるかゆみには効かないことがあります。乾燥によるかゆみは外部の刺激に対して起こるかゆみなので、皮膚の内部で作用するヒスタミンが関わらないためです。「抗ヒスタミン薬」を使っても効果が出ないような場合、アトピー性皮膚炎用の保湿薬を使うことで、かゆみが軽減される可能性が期待できます。

「抗ヒスタミン薬」を使った子どもがだるそうなら…

 「抗ヒスタミン薬」を服用した子どもが眠そうだったりだるそうなときは、インペアード・パフォーマンスを疑ってみてください。薬の副作用である眠気、集中力や判断力の低下による影響かもしれません。そのようなときは、医師に相談して、脳に移行しない「抗ヒスタミン薬」を処方してもらいましょう。適切な薬の処方により、症状が軽減されるといいですね。

EARTH CHILD アースチャイルド


ページの
先頭に戻る