ママモル

子供の健康を守る米国のサイト『Safbaby』が運営するウェブマガジン

色々な種類の魚で反応する魚類のアレルギーに注意!ヒスタミン中毒とどう違う?

 魚、特に青魚には多くの脂肪酸が含まれており、体に良いことが知られています。また、この脂肪酸は、アトピー、喘息、蕁麻疹などのアレルギー反応を抑えることもわかっています。しかし、一方では魚でアレルギーを起こしてしまうこともあります。またさらには、魚を食べたあと蕁麻疹が出てアレルギーだと思っていたら実はアレルギーではなく、違うことが原因だった、というようなこともあります。ここでは魚アレルギーについて、またそれに類似した病気について詳しく解説していきます。

魚アレルギーではいろんな魚に反応が出やすくなる

 魚アレルギーを起こす原因物質は「パルブアルブミン」と呼ばれるタンパク質や魚のコラーゲンです。これらはほとんどの種類の魚に含まれています。そのため、魚アレルギーを持つ人はあらゆる種類の魚でアレルギーを起こす傾向があります。

■魚アレルギーを起こしやすい魚(多い順に)

サケ
マグロ
イワシ
カレイ
アジ
タイ
タラ
ブリ
サバ

こんな症状があったら魚アレルギーの可能性が

 魚を食べた後に皮膚にかゆみや蕁麻疹、唇や口の中の腫れやかゆみ、違和感、腹痛や下痢、吐き気、目の充血やかゆみ、まぶたの腫れ、咳、呼吸困難などのような症状が出た場合、魚アレルギーである可能性があります。

魚で蕁麻疹が出てもアレルギーではない場合もある

 しかし、魚の場合、食べた直後に蕁麻疹が出たとして、それが魚アレルギーでない場合があります。それは次の様なケースです。

■ヒスタミン中毒(仮性アレルギー)

 これはアレルギー体質でない人でも起こります。鮮度の落ちた魚(特に赤身魚)を食べた際に起こりやすく、古くなったせいで魚肉の中にヒスタミンという物質が増えてしまうことにより、中毒症状を起こすものです。症状としては食べた後1時間以内に蕁麻疹や頭痛、腹痛、下痢、吐き気などが起こりますが、アナフィラキシーのように命に関わることはありません。

■アニサキスアレルギー

 魚に寄生している寄生虫「アニサキス」に対するアレルギー反応です。蕁麻疹などの症状が出ますが、この寄生虫が胃や腸に食いつくと激しい腹痛を起こすことでも知られています。

魚アレルギーとヒスタミン中毒との違い

 ヒスタミン中毒と魚アレルギーの症状は似通っており、間違いやすいのですが、ヒスタミン中毒の場合は、まぶたの腫れや喘息、呼吸困難のような呼吸器症状が出てくることはありませんので、このような症状が出てきたらその後悪化する危険性を考え、医療機関を早めに受診しましょう。

 また、ヒスタミン中毒は同じ魚を食べた複数の人に起こることが多いので、それも判断の決め手となるでしょう。

魚アレルギー、ヒスタミン中毒を起さないようにするには

 魚アレルギーを予防するには、アレルギーを起こす魚を食べないことに尽きます。魚アレルギーは複数の魚に対して起こることが通常なので、これまでアレルギーを起こしていない魚に関しても注意深く食べる必要があります。

 ヒスタミン中毒の原因は魚が古くなって鮮度が落ちていることからきていますので、なるべく魚は低温で保存し、新鮮なうちに食べるようにしましょう。古くなった魚は加熱すれば大丈夫と思われがちですが、ヒスタミンは加熱しても構造が変わらないため、焼いたり揚げたりしても中毒を起こしますので注意してください。

まとめ

 魚アレルギーは一度かかると治ることはほとんどないとされています。なるべく魚アレルギーにならないようにするためには、消化吸収の機能が未発達な乳幼児にアレルギーを起こしやすい生の状態の魚を与えないようにすることが重要となってきます。そのため、できれば少なくとも2歳くらいまでは加熱調理した魚を食べさせるようにしましょう。また、魚アレルギーと症状の似たヒスタミン中毒は、常に新鮮な魚を食べることで回避することができますので、魚は低温で保存し、なるべく早めに食べきるようにしましょう。

ママモルがオススメするCHILDLIFE製サプリメント


ページの
先頭に戻る