ママモル

子供の健康を守る米国のサイト『Safbaby』が運営するウェブマガジン

バラ科の果物アレルギーとは?リンゴやイチゴなどの果物で出るアレルギー反応と対処法。

果物を食べて喉がイガイガかゆくなったりしたことはありませんか?もしそのような症状を経験したことがある場合、それは果物によるアレルギー反応かもしれません。最近バラ科の果物によるアレルギーが増えています。今まで問題なく食べることができていた果物でも、ある日突然、口に入れることでアレルギー反応が出てしまうのです。また、年をとるごとに喉に不快感を覚えずに食べられる果物が少なくなっていく・・ということも。

このようなアレルギー症状を出す人の共通点とは何か、また、バラ科の果物アレルギーはどういうものなのか、なぜ起こるのか、そしてその対処法などについて解説していきます。

バラ科の果物アレルギーとはどんなもの?

バラ科の果物は意外と多くあります。りんごやもも、すもも、イチゴ、なし、西洋ナシ、さくらんぼ、あんず、びわなどはすべてバラ科です。また、梅、ラズベリー、ブラックベリー、アーモンドなどもバラ科の果物に入ります。

バラ科の果物アレルギーとは、バラ科の果物を食べることによってアレルギー反応を引き起こすことを指しています。それらのアレルギー反応は、「口腔アレルギー症候群(OAS)」という口内に接触することで起こるアレルギーという形で現れます。果物を単に手に触れるだけでは、アレルギー反応が出ることはほとんどありません。

口腔アレルギー症候群とは


口腔アレルギー症候群とはアレルゲンとなる食べ物(多くは生の野菜や果物)を食べている最中に引き起こされる即時型のアレルギー反応のことです。原因となる食べ物を食べている途中、もしくは直後(多くは5分以内)に、口の中や喉、舌、唇にかゆみやピリピリ感、腫れなど、口の中だけにとどまった症状がみられます。

これはアレルギーの原因となっているタンパク質が口の中の消化酵素で分解され、症状の原因となる物質がなくなってしまうからです。そのため口腔内には不快な症状が見られますが、症状が全身に見られたり、特定の症状が全身に広がったりすることはほとんどありません。

ただし、5%未満くらいの人においては、重篤なアレルギー症状が発現することがあります。喉の腫れや呼吸困難、喘息といった呼吸器官における症状や、腹痛、嘔吐、下痢といった消化器官における症状が見られることもあります。症状がさらに悪化すると、意識がなくなる等のアナフィラキシーショック状態が起こることもあります。

幼い子どもはアレルギー反応が即時出ることが多い

バラ科の果物アレルギーが口腔内だけに起こる人もいれば、せきやじんましんと言った全身症状が即時表れる人もいます。一般的な傾向として、即時に全身症状が表れる人は比較的年齢が幼い人が多いと言えます。今まで食べたことのない果物を口にしたときに、全身にじんましんがすぐさま表れたり、かゆみや赤みが急激な速さで全身に広がったりするのです。

これは、幼い子どもは、かゆみやせきなどを引き起こすアレルゲンが胃や十二指腸ですぐに分解することが難しく、アレルゲンがそのままの形で体内に吸収され、血液と共に全身を巡ってしまうからと言われています。

果物アレルギーと交差反応


バラ科の果物アレルギーがある人は、類似した構造を持つ物質に反応してアレルギー反応を起こすことがあります。このように類似する構造に反応することを「交差反応」と呼びます。どのような物質に対して交差反応が起こるのでしょうか。

シラカバ花粉症

果物アレルギーは、花粉症との関連が深いということがわかっています。バラ科の果物アレルギーの場合、シラカバ花粉症の人がかかりやすいとされています。実際に、シラカバ花粉症の人の半数は何らかの口腔アレルギーがあると言われ、バラ科以外の果物や野菜でもアレルギー反応を起こすことがあります。

なぜシラカバ花粉症の人が、バラ科の果物アレルギーを起こしやすいのでしょうか?それは、シラカバ花粉症とバラ科果物アレルギーの両者のアレルゲンの構造がよく似ているためと言われています。シラカバ花粉に対してアレルギーを持っている人が、構造が似ているバラ科の果物に対しても反応してしまう交差反応が起こるのです。もちろん、反対の場合もあります。普段はバラ科の果物に対してだけアレルギー反応が出ている人が、場合によってはシラカバ花粉に対してアレルギー反応を見せることもあるのです。

セリ科とナス科の野菜

シラカバ花粉症と交差反応が起こる物質として、セリ科とナス科の野菜が挙げられます。そのため、同じく交差反応が起こるバラ科の果物にアレルギーがある人は、セリ科とナス科の野菜に対しても同様の反応を示すことがあるのです。セリ科の野菜であるセロリやニンジン、ナス科の野菜であるジャガイモなど、頻繁に食材として用いられる野菜が多いですので注意が必要です。

その他の科の果物

また、同じくシラカバ花粉症と交差反応が起こる物質として、マタタビ科のものとウルシ科のものを挙げることができます。マタタビもウルシも、日常生活では生で食べるといった行為をすることはないかもしれません。ですが、マタタビ科にはキウイフルーツが、ウルシ科にはマンゴーが入りますので、これらの果物を食べるときには注意が必要です。

もちろん、シラカバ花粉症と交差反応が起こるバラ科の果物にアレルギーがある人は、キウイフルーツやマンゴーでもアレルギーが起こる可能性が低いとは言えません。リンゴやももなどでかゆみなどを経験したことがある人は、キウイフルーツやマンゴーも避けておく方が望ましいでしょう。

ゴムアレルギー

また、バラ科の果物アレルギーのある人は、ゴム製品に対しても同様の「交差反応」を起こしやすいです。日常生活の中ではゴムを口の中に入れると言うことはありませんが、歯科医院で治療を受けるときに歯科医師や歯科衛生士がゴム手袋を口の中に入れると、唇の腫れや喉の痛みといったアレルギー反応が出てしまうことがあります。このようなアレルギーをゴムアレルギーもしくはラテックスアレルギーと呼びます。

医療現場で一般的に使用されるゴム手袋の素材、また、哺乳瓶などに使用されるゴム製の飲み口に対しても、果物アレルギーのある人は警戒が必要です。

どんな人に多い?

バラ科の果物アレルギーは、成人、特に女性に多く見られる傾向にあります。ですが、最近では花粉症にかかる人が低年齢化していることもあり、バラ科の果物アレルギーも低年齢化が進み、子どもにも見られるケースが多くなってきました。

果物アレルギーへの対処法


もちろん、バラ科の果物に対してアレルギーを起こす場合でも、すべてのバラ科の果物に対してアレルギー反応を示すというわけではありません。特定の果物を食べると強いかゆみや腫れを生じても、他のバラ科の果物を食べても特に何の変化も示さないことがあります。ですが、同じバラ科の果物ですので、あるときを境に突然アレルギー反応を示すことがあります。バラ科の果物に対してアレルギーがあることが分かったら、他のバラ科の果物も避ける方が良いでしょう。

また、体調によってもアレルギー症状が出るときと出ないときがあります。特に疲れているときや風邪気味のときなどは、普段はアレルギーを感じていない人もバラ科の果物アレルギーの症状が出てしまうことがあるかもしれません。一度でもバラ科の果物を食べることでかゆみや腫れなどを経験したことがある人は、身体が弱っているときはアレルギーを起こす可能性がある果物を注意深く避けるようにしてください。

果物の場合、加熱するとタンパク質の構造が変化しますので、アレルギー反応が出なくなることもあります。バラ科の果物に対してアレルギーがあっても、どうしても食べたいときにはコンポートやジャムのように火を通してから食べるようにすると良いでしょう。ただし、ももは加熱してもアレルゲンとしての性質が失われにくくなっています。アレルギー反応を経験したことがある人は、加工してあるももであっても避けるようにしてください。

まとめ


バラ科の果物を含む果物アレルギーは、現代の医療では花粉症と同様、完治するということはほぼ見込めません。普段はわずかなかゆみや腫れといったごく微細なアレルギー反応しか出ない人でも、体調が優れないなどの悪条件下では重篤なアナフィラキシーショック症状を起こすこともあります。「少しくらいなら大丈夫」と油断してしまうのではなく、極力食べるのを控えたり加熱したりするなど、アレルギー反応が出ないような対策をとりましょう。

また、もしも身体を安静にしても症状がだんだんひどくなっていくときは、迷わずすぐに医療機関を受診してください。一度症状が悪化すると、自然治癒が難しくなります。

EARTH CHILD アースチャイルド


ページの
先頭に戻る