ママモル

子供の健康を守る米国のサイト『Safbaby』が運営するウェブマガジン

ハロウィンのフェイスペイント:危険を冒す価値があるか?

フェイスペイントは、子供達をスーパーヒーローや珍しい動物、夢のようなキャラクターに変身させるアートといえます。

フェイスペインターは、お祭り、ファーマーズマーケット、誕生パーティー、サーカス、学校のイベント等至る所でこのアートを施しています。一部の子供達は、市販のフェイスペイント・キットを使って日常的に遊んでいます。間もなく訪れるハロウィンで、フェイスペイントやボディペイントの購入は最高潮に達するでしょう。

しかし、フェイスペイントには何が含まれているのでしょうか?フェイスペイントされた皮膚や口から、何を吸収したり取り込んだりしているのでしょうか?

フェイスペイントに関する検査結果

  1. アメリカでセーフ コスメティク キャンペーン(英語のみ)が実施した試験(2009年)によれば、対象のフェイスペイント全てに、米国以外で禁止もしくは使用制限のある、危険な重金属や有害物質が検出されました。不安な事に、親は表示ラベルから含有成分を知る事が出来ません。以下に検査結果を示します。
  • フェイスペイント10個中全てに、054~0.65ppmの鉛を含有
  • フェイスペイント10個中6個に、皮膚アレルギーの原因となるニッケル、コバルト、クロムを含有。いずれも製造試験における推奨範囲を大きく上回るレベルであった
  • 既存の皮膚アレルゲンを含む製品にも、ラベルには「低刺激性」といった誤解を招く表示がみられた
  • 一部のフェイスペイントは、化粧品への使用が米国食品医薬品局によって承認されていない色素だけでなく、ヨーロッパ、カナダ、日本で禁止もしくは使用制限されている有害化学物質を含んでいた。

フェイスペイントに鉛を検出した製品

  • アレックス フェイスペイント スタジオ
  • ベンナイLW リュミエール クリーム ホイール
  • クラフティ ダブ フェイス ペインツ
  • ドン ポスト グリース ペイント カラー ホイール(クロムも含有)
  • ジョビ メイクアップ(ニッケル、クロムも含有)
  • ウルフ ブラザーズ フェイス アート&FX(クロムも含有)
  • メフロン グロー イン ザ ダーク ファンタジー F-X
  • メフロン6パック グリースペイント クレヨン(ニッケル、コバルト、クロムも含有)
  • ルビーズ シルバー メタリック ファード ダルジャン(ニッケル、コバルト、クロムも含有)
  • スナザル フェイス ペインテイング キット(ニッケル、コバルトも含有)

この試験から6年経過しても、上記商品の製造及び規制に変化はみられません。

  1. 2014年には、ニュージーランドのNPO団体、コンシューマー・ニュージーランド(1959年設立)がフェイスペイント15種類を検査しました。そのうち1種類は、15,200ppmという衝撃的な濃度の鉛が含まれていました。この商品は店から撤去されましたが、一部は回収出来ていません。

検査されたフェイスペイントは、どれも“安全”“、”毒性なし”と表示していましたが、目や口、敏感肌、傷口への塗布をしないよう注意書きされていました。しかし商品には、目の周りや口にペイントした顔写真が掲載されていました。

以下はコンシューマー・ニュージーランドの検査結果です。

・カーニバル カラーズ:極めて高レベルの鉛(15,200ppm)を含有。成分表及び、輸入業者や供給業者の連絡先記載なし

・ダシニ ディビニト イエロー メークアップ クリーム:輸入業者や供給業者の連絡先記載なし

・デリバン フェイス & ボディ ペイント(アニマル):成分表に誤りあり

・ゴー ファン フェイス & ボディ ペイント:輸入業者や供給業者の連絡先記載なし

・マジック メイクアップ セット:成分表及び、輸入業者や供給業者の連絡先記載なし

・ルビーズ クラウン メイクアップ:アンチモン9ppm含有。

(カナダのガイドラインでは5ppm、カナダは規制を課している数少ない国の一つ)

・ノーブランド ”グロー フェイス ペイント”: 輸入業者や供給業者の連絡先記載なし

・ノーブランド ”ハロウィーン クリーム メイクアップ”: 輸入業者や供給業者の連絡先記載なし

・ノーブランド ”ピール オフ クリーム メイクアップ”:IPBC(規制対象の防腐剤)含有。輸入業者や供給業者の連絡先記載なし

どれだけの子供達がこれらの商品を使用し、気付かないうちに健康を損ねてきたのでしょうか?

親はフェイスペイントに鉛が含まれているとは夢にも思わないでしょう。

PVC in kids face paint

鉛が問題視される理由

以下の3点は、鉛を理解する為に重要な項目です。

  1. 鉛はどの濃度でも安全ではない。
  2. 少量の鉛であっても体内に蓄積し、生涯にわたって学習・行動障害を引き起こす。
  3. 体内への鉛の蓄積は鉛中毒を引き起こす。

以下は、セーフ コスメティク キャンペーンによって作成された、鉛曝露による健康被害一覧表です(掲載許可に感謝致します)。

生涯にわたる
メンタルヘルス問題
小児期の問題 妊娠・出産時の問題 晩年の問題
学習障害または行動の変化 注意欠陥 月経周期が短くなり、頻繁かつ大量に出血が長引く アルツハイマー病
攻撃性 多動 卵胞が成熟卵になるのを妨げる パーキンソン病
興奮性 衝動的行動 精子数減少 認知機能低下
怒りっぽくなる IQ低下 妊娠期間の長期化
対人不適応 学業の低下 早産
不安感 攻撃性 子宮内胎盤発育遅延及び低出生体重
精神錯乱 非社会的行動
性欲減退 対人不適応
非社会的行動 泣き叫ぶ
妄想 気が散りやすい
認知症 衝動性
うつ病 注意散漫
幻覚 一部の少女に思春期の遅れ(特にメキシコ系アメリカ人、アフリカ系アメリカ人、モホーク族の少女に顕著)
衝動性
不眠
短気
躁病
情緒不安定
神経質
偏執症
人格変化
注意力散漫
記憶力低下または記憶喪失
自殺願望
緊張

米国に規制はありません!

米国の化粧品には、ラベルへ表示されずに、鉛、クロム、ニッケルが多く含まれています。米国食品医薬品局は、重金属や他の有害物質の製品ラベルへの記載を義務付けていません。

親は、フェイスペイントに鉛が含まれることを知る由もありません。一方、カナダやヨーロッパでは、化粧品への鉛使用を禁じています。

数回のフェイスペイントは危険ではない?

1年に1~2回のフェイスペイントだったら、リスクは高くないでしょうか?過去にリコールされたフェイスペイントの鉛含有量を知れば、今までに2回ペイントしただけで子供にリスクがあると考えるようになるでしょう。

リコールの記録

タータン コレクション(イギリス、2012年):

中国から輸入されたタータン コレクションのフェイスペイントには、最大3.5%の鉛が含まれていた為リコールされました。イギリスの鉛規制値は20ppmですが、16.900ppmもの鉛が検出されたのです。このレベルで曝露した場合、幼児の脳に損傷をもたらします。この製品を輸入したシェルフォード社は、製品安全法違反により約14,000ポンドの罰金を科せられました。

カーニバル カラーズ(ニュージーランド、2014年):

コンシューマー・ニュージーランドは、中国製の”カーニバル カラーズ”に15,200ppmもの高レベルの鉛が検出されたと報告しました。

複数の銘柄(韓国、2013年):

韓国消費者院は、輸入されたベストセラー商品や国内ブランド商品にバリウム(ネズミを殺す殺鼠剤に使用される成分)を含む有害金属が、安全規制値の40倍以上のレベルで検出されました。バリウムを摂取した場合、重度の胃痛が生じます。

オリエンタル トレーディング社(米国、2009年):

中国の上海カラーアート ステーショナリー社によって製造されたフェイスペイント製品6種が、オリエンタル トレーディング社の100%子会社、ファン エクスプレス社によってリコールされました。米国食品医薬品局の検査で、この製品に顕著な雑菌混入が検出され、皮膚の発疹や腫れが報告されました。

ローズアート(米国、2009年):

このメーカーのフェイスペイント製品によって、200人以上の子供に皮膚の発疹、炎症、腫れ等の症状がみられました。同メーカーは、2005年5月にも同じ健康被害を理由に、フェイスペイント製品160万個のリコールを行いました。

2014年に開催されたニューメキシコフェアでは、ある親がフェイスペイントブースでアクリル塗料が使用されていることに気付いて報告した為、そのブースは閉鎖されました。アクリル塗料には防腐剤としてホルムアルデヒドが使用されており、眼の炎症や涙目、皮膚や肺への炎症を引き起こします。

ホルムアルデヒドの曝露は、幼児の脳に障害を引き起こす可能性があります

乳がん基金で、セーフ コスメティク キャンペーンの全米コーディネーターをしているリサ・アーチャーさんは、「親はフェイスペイント製品に鉛や有害物質が含まれるか心配する必要がないよう、含まれる成分を知る権利があるのです。子供は特に有害物質への曝露に脆弱でることを知りながら、メーカーは安全な商品製造を怠っているのは明らかです。」

「低刺激性」もしくは「皮膚刺激性テスト済み」の記載があるフェイスペイントは安全?

これらの表現には規定がなく、メーカーは独自の定義を定めることが出来ます。実際、セーフ コスメティク キャンペーンが検査したフェイスペイントの一部で、「低刺激性」と表示された商品に最大レベルの鉛、ニッケル、コバルトが含まれていた例もありました(例:スナザル フェイス ペインテイング キット参照)

ナチュラルなフェイスペイントの評価は?

あいにく、ラベル表示にナチュラルの記載があっても、安全とは言いきれません。注意すべき成分の一つが、Optiphen(商品名)、またフェノキシエタノール、カプリル・グリコール、ソルビン酸として知られている防腐剤です。

この成分は、EWG(米国のNPO)のスキンディープレポートで5レベル(低い方から10段階)と評価されており、ヒト皮膚に対して毒性作用があり、アレルギー源となる有力な証拠が示されています。

安全でナチュラルなフェイスペイントの作り方

face paint

フェイスペイントをする場合、手作りすることが子供にとって安全といえる唯一の方法です。以下に簡単な作り方を紹介します。

用意するもの

・下地クリーム(小さじ1/2):KEYS(会社名)の1oo%化学薬品不使用のTortugaローション

・オプション:オーガニックのコーンスターチ

・色素(オーガニック食品):ターメリック(黄色/茶色)、ラズベリー又はブラックベリー(バラ色)、チェリー又はビート(赤色)、ブルーベリー(青色)、アボカドとレモンの絞り汁(緑色)、トウモロコシ(黄色)、ココア又はチョコレートソース(茶色)等

最初に、好みの色を作ります。生鮮や凍った果物を使用する場合、下地に裏ごしして使う為に、果物をすり潰します。そして少量の下地に果物から作った色を混ぜ合わせます。食品によって水分量が異なるので、混ぜる時に少量のオーガニック コーンスターチを加えて下さい。顔に塗る時は、清潔なブラシを使用して下さい。石けんと水だけで簡単に落とせます。

フェイスペイントの代わりのアイディア

家にあるものを利用して、簡単な衣装を作りましょう。何を作るかは子供達の想像力に任せましょう。スカーフ、ティッシュペーパー、シルク製品、ダンボール紙など使えるアイテムがきっとあるはずです。Green Halloweenには、子供達の想像力を刺激するような、海や母なる大地等、簡単な手作りコスチュームのアイディアが満載なので参考にして下さい。

参考

Report Adverse Reactions to the FDA

Extensive information about lead prevention and poisoning: The California Department of Public Health

Environmental Protection Authority, New Zealand

Campaign for Safe Cosmetics

Environmental Working Group Skin Deep Report

EARTH CHILD アースチャイルド


ページの
先頭に戻る